東西南北

好きなものに対して思ったことを綴ります。

一度アイマスから離れた私が今SideMでアイマスに戻ってきたワケ【後編】

こんにちは、ちゃんきーです。

前記事の続きで、主にセカライの事とかアイマス全体についての事とかを話したいと思います。前記事は長すぎる前置きみたいな感じです。

 

さて、結論から言うとセカライは1日目が現地が当たりました。自分でもびっくり。大学の食堂で叫びすぎて周りに迷惑をかけました。

前記事にも書きましたが私は都築圭推しのAltessimoPです。そしてちょくちょく登場する私の友人は若里春名推しのhigh×jokerPです。もう私達大勝利な訳ですよ(両グループ1日目)後、私が他ユニで特に好きな神速一魂、Legendersも1日目だったこともあり本当に嬉しかったです。2日目は地元のLVを取りました。

 

セカライの感想とかはそういう細かいのは語彙力のない私よりもいい事を書いているPさんがいっぱいいると思うのでそちらを参考にしていただきたいんですが、私的感想は1日目は315!!!!!!!の一言に尽きます。アルテPでよかったと心から思いました。アルテで号泣しました。だってやばいでしょあれ!!!!Opsは卑怯だよ!!!!あんな演出泣いちゃう!!!!!!神速もレジェも旗も彩もドラスタもFRAMEもハイジョも最高だったよ!!!!!声を枯らし、帰りにCDをどっさり買って帰りました。

2日目は大変なものを盗んでいきました。私の乙女心の母性です。(伝われ)

 

セカライの前には浅草イベで初課金をし、今やP業を満喫してる私ですが、やっと本題。アイマス全体の話です。

私がまず考えたのは『女オタにとって、なぜ今アイマスなのか』という点。

今や2次元業界痛バのためにグッズを大量に買い込んでくれる女オタの為に腐女子に媚びる姿勢は当たり前になってきています。私も腐女子の端くれなのでそのブームに乗っかる時もあります。そして男性アイドルも戦国時代で(アイドルに限った話ではなく)たくさんの美男子が出るソシャゲが後を絶ちません。私も今までいろんなソシャゲをやってきました。

じゃあその数あるゲームの中で、なぜ私はMマスを一番に選んでいるのか。

これはMマスに限った話ではなく、アイマス全体に言える事だと思うんですが、作り手の思いがひしひしと伝わってくるからだと私は思います。作り手とはゲームに携わっているスタッフの皆さんやキャラクターに命を吹き込んでくれている声優さん、総合プロデューサーの坂上陽三さんなどアイマスに携わってる全ての人のことです。

Mマスの関係者のインタビュー記事を読むとその熱意がひしひしと伝わってきます。

特に私が印象に残ってる記事はこちら

developers.mobage.jp

 タイトルからもう惹きつけらせます。声という個性の輝き。

Mマスは当初誰にも声のついていない(Jupiterは別として)無声のゲームでした。その頃のことをあまり私は知らないのですが(私が始めた頃は虎牙道まで声帯が付いていた時期)キャラが世に出てから声が付く女性向けソシャゲってなかなかないですよね?

そしてこの天下のアイマスブランド、Mマスのキャラを担当する声優さんは新人の方がほとんどです。プレッシャーは人一倍だと思います。その重圧にも負けず、キャラと真摯に向き合うことができる人だけが選ばれ、アイドルとして輝くことができるのだと思います。

 

キャラと声優さんは別の人間だけど、一緒に輝くことができる。それがアイドルマスターの魅力だと思います。

1stライブ後のてらしーや永にゃんのブログは有名な話ですが、私が一番心に残ってる声優さんの言葉は、まだ記憶に新しい2ndライブの2日目、もふもふえんの姫野かのん役の村瀬歩さんの言葉です。

彼は持ち前の可愛い声と演技力歌唱力でMマス声優陣の中でも知名度のある声優さんです。

私は以前彼のことをそこまで好きではありませんでした。お恥ずかしいながら理由は特になく、なんとなく彼のことをよく思っていない自分がいました。

そんな彼がライブの最後の言葉で紡ぎ出したのは、周りへ嫉妬でした。Mマスの声優陣はキラキラしていて、自分はみんなよりキラキラしていないと思ってずっと引け目を案じて嫉妬していたと。

なんでみんなで支え合えるのか。それはみんなが自分のキャラクターをとても大事にしているからで、だったらみんなのように自分もかのんくんのことを大切にしようと思ったと。

この言葉を聞いた時、私は頭をバットで殴られたかのような衝撃を感じました。新人声優の中でも主演を数多く経験していて才能に恵まれている人気者な彼が、この大勢の前でみんなへのコンプレックスを打ち明けているのだ。

この後、彼は「今日の僕はキラキラできてましたか?」と尋ねるのだが、私は無意識にキラキラしていたよ。最高だったよと届くはずのないLV会場から答えていました。

彼はアイドルマスターSideMという作品で声優として人として成長できたのだと思います。(すげえ上から目線で本当に申し訳ありません)

 

ゲームにはストーリーがあり、ゲームの中のキャラクターは成長していきます。でもアイドルマスターという作品はキャラクターだけでなく、声優さんも一緒に成長していくコンテンツなんだと感じました。まさに二人三脚。それを見守っていくのがゲーム内のキャラであるプロデューサーであり、私たちプレイヤーとしてのプロデューサーなんだと思います。

これからもアイドルたちの成長を見守っていきたい、だからアイドルマスターはやめられないんです。

 

なんかいいことが書けた気がするのでこの辺で終わりにしたいと思います。最後にここまで読んでくださった方がいたら心からありがとう。そして好き勝手書いたので思うところがある人もいると思いますが本当にすいません。

今日があなたにとって315の日になりますように。ちゃんきーでした。

 

ではノシ

一度アイマスから離れた私が今SideMでアイマスに戻ってきたワケ【前編】

こんにちは、初めまして。ちゃんきーと申します。

早いものでMマス2ndライブから一ヶ月が経ち、今日は待ちに待った315の日。

ニコ生が今から楽しみで仕方ありません。

 

さて、このブログを立ち上げて最初に書こうと思っていたことが、タイトルの通り。

要するに私とアイマスについて少し語りたいなと思います。

本当は2ndライブの前に書こうと思っていたのですが、ライブ前は興奮してしまい、文章がぐちゃぐちゃだったので少し落ち着いたこの記念すべき日に、綴っていきたいと思います。

 

私のアイマスPとしての紹介を軽く。

現在はMマスを中心にPをしています、元千早P、現AltessimoP(都築P)です。

アイマスとの出会いは中学生の頃。アイマスSPアニマス→(長い空白)→SideMといった感じです。

 

先に話した通り、私の初アイマスPSPソフト「アイドルマスターSPミッシングムーン」です。父が中古で買ってきてくれたのが始まりでした。妹と一緒に夢中でプレイしたのを覚えています。(私は千早、妹は律っちゃん推しになりました)

その頃タイミングよくアニマスが始まったので毎週楽しみに見ていました。約束回では号泣し、春香ちゃん回では今でも見るたびに涙が出てきます。

ここで少しJupiterの話をすると当時の私はうたプリなどの影響もあり、男性アイドルに目がない時期だったので、9.18の件も知っていましたが彼らをとても応援していました。

色々と話題だったアイマス2も体験版を飽きるほどプレイしてました。中学生の自分に製品版を買うお金はなく、DLCの紹介動画が出るたびに妹と「あの衣装が可愛い」「欲しいね」と話し、幼いなりに楽しいアイマス生活を送っていました。

 

アニマスが終わってしばらくして、アイマスとは別のジャンルにどんどんハマっていって、私の中で『アイマスは曲は聴くけど一番ではない』ものになっていきました。高校生になり劇場版も見に行かず、SideMの事前登録が始まった時も、好きだったJupiterがやっと報われたと嬉しく思っていましたが事前登録するまでではなく、彼らのCDが発売された時もおめでとうとアニメイトを行くたびCDの前で言っていましたが、ゲームをやるまでには行きませんでした。

 

シンデレラガールズのアニメは見ていましたが、個人的にシンデレラガールズというコンテンツ自体あまり好ましく思ってないのもあり、どんどんP業から遠ざかっていた私が一気にアイマスに戻らされたワケは、今から1年前友人が送ってきた一つの動画でした。

youtu.be

 

そう、アイドルマスターSideM 1stライブの円盤告知のダイジェスト映像でした。

初めて見た時の衝撃を私は忘れることはないと思います。

「プロデューサー、俺たちトップアイドルを目指します!」

この一言からもう全てを奪われました。そこには中の人などいなく、紛れもないアイドルたちが一生懸命パフォーマンスをしていて、それに一生懸命答えているプロデューサーたちがいる。その事実にただただ感動していました。

友人とひとしきり語り合った後、ランティスさんのHPを見ると近いうちにチアリング上映会(ライブ映像を映画館で流して、その後声優さんの軽いトークショーという内容)があることを知り、友人と行くことを即決しました。

その頃にSideMのゲームも始めました。もともとキャラはさらっと見てて、気になってたキャラの都築さんに声帯が付き、CD発売が決定したあたりだったこともあって、一気にハマっていきました。

 

SideMを知って2週間程度でチアリング上映ではありましたが初めてアイマスライブというものを体感しました。凄まじかった。感動した。月並みな言葉しか出てこないけどそう思い、友人と「2ndがあったら現地に行こう」と話しました。

アイマスというジャンルは長く続いているだけあって周りからは新規は入りにくい印象を抱かれがちだが、チアリング上映の時に近くの席だったPさんたちはとても優しく、名刺交換もできてとても好印象でした。さすがはアイマスブランド。

こうして私は一度は潰えたアイマスへの熱を再び燃やしていくのだった…。

 

ここまで自分が今までアイマスに思ってきたこととかをだらだら書いてきましたがとてもまとまりがない。タイトルの話を全然できてない。これだから語彙力のない女オタは…って感じでほんとすいません。

もうちょっと書きたいことがあるので、一度この辺で切りたいと思います。

タイトルに書いてあるワケっていうのはファスライの動画っていうのもあると思うんですけど、私的には根本にこれだって思っていることがあるので後半ではその辺も書けたらと思います。

 

それではノシ